墓じまいの方法とは?

墓じまいの方法と手順

後継者がいない、別の場所に墓を建てたいなら墓じまいを行います。墓じまいは墓の処分と遺骨の移動、法的手続きを行うため、専門業者と専門書類が必要になります。まずは親族や相続人に墓じまいの意思を伝えて承諾を得ます。後々揉めないためにも丁寧に話し合うことが大事です。新しく墓を建てるなら移転先の寺院や霊園に相談へ行きます。そして遺骨の移転先も同時に決めます。墓じまいをする際には魂を抜き取る閉眼供養と、新しい墓地へ移すための改葬許可証が必要になります。これらを全て終えたら石材業者に、遺骨の取り出しと墓の撤去、更地に戻す作業を依頼します。遺骨は人数分に応じて改葬許可証が必要になります。墓地を寺院や霊園に返納したら墓じまいは終了となります。

墓じまい後の選択肢について

後継者がいる場合は墓参りしやすい地域へ移して再び墓地を管理することになります。後継者が不在、あるいは金銭的な負担を背負いたくない場合は、それ以外の選択肢があります。それは永代供養と散骨供養と手元供養です。永代供養は家族に代わって寺院や霊園が遺骨を管理する方法で、供養も行います。メリットは費用が安く永年に渡って管理してくれる点ですが、デメリットは遺骨を取り出せない点です。散骨供養は海や樹木に撒く方法で、自然に還るという趣旨に賛同した人が主に利用します。手元供養は自宅に置いて供養することです。好きなデザインの骨壷に入れて飾れるため、インテリア性も高いです。携帯して持ち歩きたい場合には、アクセサリーやジュエリーに納めることも可能です。