墓じまいとはどういうこと?

墓じまいの準備や実際について

墓じまいというのは、その言葉通りお墓を終わりにする意味です。先祖代々続いていた墓所から遺骨を取り出し、墓石を撤去するなどして処分します。未婚率が増えたり少子化により後継者がいなくなる、あるいは墓所から遠く離れた場所での暮らしが中心となり、墓参が困難になったなどの理由で、墓じまいを選ぶ人が増えているといいます。
しかし、自分の家のお墓だからといって勝手に処分していいというものではなく、さまざまな手順や手続きが必要となります。一般的な流れは、まず、完全に関係者が自分だけの場合以外は、関わる人々の同意を得ることから始めます。その後、お墓の管理者に墓じまいの意思を伝えて改葬のための書類を整えます。管理者がお寺の場合は檀家を離れる手続きが必要なこともあります。準備が整ったら「閉眼法要」などお墓の供養をしてから、遺骨を取り出し、業者に撤去をしてもらいます。

取り出した遺骨をどうするか

閉じたお墓から取り出した遺骨は、改めて何らかの形で葬らなければなりません。
後継者がいないという理由で墓じまいをおこなった場合は、永代供養の合同墓地や納骨堂などに収めたり、樹木葬や散骨などをおこなったり、将来、供養する人がいなくなった時に困らない方法がよく選ばれます。遠方でお墓のお世話ができないことを理由に墓じまいをおこなった場合は、今住んでいるところの近くに新しく墓所を求めて埋葬することが多いようです。また、細かく砕いて適切な処置をして、手元に置く方法もあります。
いずれの場合も許可や手続きが必要なので、墓じまいをする前に、取り出した遺骨をどのように供養していくのかをよく考え、十分に下調べや比較検討をして準備をしておくことが大切です。