墓じまい専門業者の選び方

後継者不在の墓じまい

墓じまいをするには様々な理由があります。遠方に住んでいるため気軽に墓参りができない、足腰が良くないため墓参りに行くのが億劫などが挙げられますが、中でも近年多くなっているのが後継者不在の墓です。後継者がいなくなった墓は放置すると無縁仏となります。無縁仏は先祖に対して申し訳ないという人が墓じまいを行います。後継者不在の墓じまいでは、遺骨の行き先が問題となります。手元に置くのか、新しい墓地へ埋葬するのか、親族間でよく話し合う必要があります。そして墓は取り壊し更地にして寺院や霊園へ返納します。後継者がいない場合、遺骨を取り出し墓を解体するだけなので、業者選びは安いところを選ぶと良いでしょう。ただ寺院や霊園が指定する墓地業者がある場合は、業者を選ぶことはできません。

新しく墓地を建てる人の墓じまい

墓を守る後継者はいるけれど、別の場所に墓地を作りたいため、墓じまいをしたい場合は、一連の流れを一貫して行えるように、トータルサポートの墓地業者を選ぶと良いです。窓口は一つの方が分かりやすく明確なため、あれやこれや相談するよりも、一つの業者に絞り込んで依頼します。そうすることで墓じまいの相談も、新墓地についての相談も、内容を把握しているためスムーズに進みます。ただ業者を選定する際は、一つの業者だけでなく、複数の業者から見積りを取りましょう。相見積りを取ることで最高値や最安値、相場を知ることができます。墓じまいの費用は、地域や依頼する業者によっても異なるため、よく見比べて慎重に選ぶと良いでしょう。