墓じまいのメリット、デメリット

墓守がいない家族にはメリットがある

最近では墓じまいをする家族も増えてきています。その理由の一つに、墓守をする後継者がいないということが挙げられます。子供がいない場合、墓守をするのが自分で終わりになってしまうので、自分の代で墓じまいをしようと考えるのです。さらに、就職や結婚などで地元からお墓がある地元から遠く離れた場所で暮らしている場合も、定期的にお墓の手入れができないために墓じまいという選択肢を採る人も多いようです。また、そのような人の中には、墓じまいと同時に改装をする場合もあります。元々あったお墓は墓じまいして、自分が住む場所から近い地域にお墓を移動させるのです。そうすることで遠い場所にお墓の手入れをしに行くための時間やお金の節約にもなります。

注意したい墓じまいのデメリット

墓じまいにはメリットがあるのと同時に、いくつかのデメリットがあるということも理解しておかなければなりません。まず、親族が多い場合は墓じまいに対して良い印象を持っていない人がいる可能性もあり、しっかりと話し合いをして墓じまいをすることに対して理解してもらわなければなりません。自分たちの都合だけで墓じまいをしてしまうと、後々大きなトラブルになってしまう可能性があるからです。さらに、元々お墓があったお寺が檀家を失いたくないという思いから、法外な檀家料を要求してくる恐れもあります。墓じまいはそんなにしょっちゅう行うものではないため相場などが分からず、言われるがままの金額を支払ってしまうかもしれません。将来墓じまいを考えている人はしっかりと事前に調べて、余計な費用を増やさないように注意しましょう。